注※これはドキュメンタリーです。

大局感が民主主義を構築します。言ってはならない事があると歪められたものしか見ることができません。つまりあまりに動物的な人々ばかりが選挙に行き始めたり、民族としての求心力を悪用して民主主義への不正な介入が強まれば民主主義どころか資本主義、さらには地球が無くなるほどの痛手を負う可能性を秘めています。権力をお持ちのかたは考え直しましょう。その考え直すのにこのブログは良い役割を果たします。そして世界は救われるのです。たぶん、、、 このブログはドキュメンタリーですので不適切な表現も含まれますのでお楽しみくださ

はじめに

こちらのブラウザを利用すれば探知は不可能に近く、できたとしても証拠とはなりにくく多大な労力が必要なため、テロなどに関わる凶悪な案件でなければ追跡はしないとのこと

tor browser のダウンロードはこちら

https://www.torproject.org/download/

tor browser の使命

自由でオープンソースの匿名性とプライバシー技術を作成および展開し、それらの無制限の可用性と使用をサポートし、科学的および一般的な理解を促進することにより、人権と自由を促進する。

 

記事が消えたと思ったら左の検索窓から覚えていることを検索してください

消すことはないのですが合体させたりしているので検索エラーとなることがあります

 

最近は少しづつではありますが定期的に僕のブログを見てくれている人もいるみたいです
その何度か見てくれている多くの人々はかなり疲弊している様子
鬱などの精神疾患を始め家庭の事情などで心を病まれている方々
そんな方々に今一度この場でこのブログの存在意義とも言える問題を表現しておきたいと思います

それは途中から見るとよくわからないと思うからです

ですのでいつも見てくれている(監視も含めて)人達にはまたその話かと飽き飽きするようなものですが新しく見始めた人からすれば強烈な恐怖と同時に新しい未来を組み立てるきっかけとなってほしいという思いで綴ります

間違っていたら申し訳ないのですが、、、
僕は日本中で起きている悲惨な事件を調べたりしているものです。

この国だけでなく世界中で民間人を狙った民族派閥による戦争行為、殺人や嫌がらせを含む民族対立による復讐が行われています
そして自分達一族にも課せられた運命がありました。

王様の耳はロバの耳 - 嫌がらせ一覧


その数々の事件や自分達一族、日本どころか世界中で起きている悲惨な事件を辿っていくとある宗教などを組織している人々に辿り着きます。
それが日本では部落民と言われる人々で済州島民です。
その中で被害感情や妬みや嫉妬を子供たちに植え付けている組織が存在します。
中には先祖の復讐のために脅迫めいた結婚をし、その子供たちを苦しめることを推奨している人々がいます。
この理念などについては哲学的、あるいは宗教的狭義にたどり着くことによるものです。
もしかするとあなたはその憎しみを受けるために生まれてきたのかもしれません。
僕もそうでした。
その場合、生まれる前から見張られており、友達どころか行政など町中で嫌がらせをするタイミングを見計らいながら見張られています

内容としましては飲食物への薬物の投入により、急激に太る、ニキビがすごいできる、ヒ素による激やせ、鬱、食欲不振、何故か絶望感、等です
集団ストーカーや電磁波攻撃を始め被害者本人は気づかずに殺害されることすらあります
僕が調べた限りでは被害者の先祖が旧日本軍であることや徳川など旧来の華族の子孫だとか様々ですが加害者の種類はかなり狭い範囲です

被害感情やそういった正当性を楯に嫌がらせをしてきます
部落済州島民コミュニティの中の中共派閥と言われている人々で国権の中核にまで入り込んでいるどころか全ての権力の実権を握っています。
これらについて詳しくは
http://www.doubtfuljournal.com


を検索してください
僕のブログです
騒がない方が良いですし他言はしないでください
公安警察などに強力なパイプを持つ人々もいて狙われることになります
まずはこの国の権力構造や民族による対立などを学ばれてみた方が良いのではないかと思いました。
勘違いでしたらごめんなさい
世界は大きく分けると薬屋さんとカジノ屋さんに別れています
そして今世界が揺れています
どちらにも悪しき人々が存在し、どちらにも清き人々が存在するからです
これは長らく石油を中心とした産業を支配し民主主義世界を牛耳ってきた反日思想を持つロックフェラーの死と関係が深いものです
いろいろ大変だとは思いますが敵の姿がはっきりするとある程度心の平安を取り戻すことが出来るのではないでしょうか?
他言はしない方が良いです
このコメントも見張られていますがあなたが学ぶことについては異論は唱えることはできません
しかし騒ぎ立てれば差別主義者だとか公の安全を害すものだとされ弾圧が始まります
お気をつけください
お大事に

イランとアメリカで起きていることと、日本権力が抱える問題は同じものである事の説明が哲学的普遍的な反応であると理由(リアップ)

世界中で起きている自作自演の幸福の巻物(忍法帳)オペレーションから見る格差による共通認識の解離と統治力の低下

 

wedge.ismedia.jp

権力は様々な力を行使して世の中を統治しようとします

そこには大衆では考えられないくらいの残虐性や必要悪という正義の見た目を模した名の悪が存在します

世界ではずっと殺し合いをしていますが日本では比較的そのような差し迫った環境に身を置くことはなく一部の人々によりその悪を請け負ってきました

その役割を担ったのが部落民と言われるいわゆる民族コミュニティです

しかし時を経てこのコミュニティ内部では日本人をバカにしたような悪を育みすぎて操作不能になるまで拡大してしまいました

この現象は日本だけでなくアメリカなどでも同じように起きており軍事レベルで武装した麻薬密売組織や諜報機関顔負けのスパイまで多岐にわたります

その人々がテロリストや他国と干渉するまでとなり自由や民主主義が崩壊に瀕しています

 

人類に課せられたこの悪を押さえるための悪による社会悪の膨張へ対抗することはできるのでしょうか?

 

僕の経験ではこの必要悪という名の"無責任な悪"は貧しさやどうしようもなく行われるようないわゆる自然に生まれる悪とは違い、知的で計画性が高く能動的で更には社会的で強大です

もちろんこの"無責任な悪"、つまり社会性が高いとされている人々や公的な権力を自分のために使用してしまうような人々による悪も自然発生的なものであるとも言えます

しかしそこにあるものは人間が生まれながらに持つ自衛手段としての仕方のない悪とは違い、欲望的で嫉妬や妬みや復讐心など生命の維持に不必要であるにも関わらず行ってしまう悪であり、更には必要悪などと銘打った強い権力から行われる人類が最も忌むべきものです

 

普通に考えれば事故と思われるような現象や殺人の疑いが極めて高い現象であっても一部の権力者たちの感情や何となくの同調圧力、更には民族差別が考慮され行われます

もちろんこの人々を騙して利用している存在がいることやあってはならないけど完璧ではない人間による必ず生まれてしまう数少ない冤罪への罰であるということも考慮しなければなりません

 

しかし何よりも僕がここで伝えたいのは走り出した復讐や世論、この場合は部落コミュニティによる差別や迫害や弾圧に制約をかける力や方向変換する力が用意されていないのではないかということ

 

僕について言えば実際に何が起こったのか未だ謎なのですが多分様々なはめられて罪を被せられたもの、それは生まれる前からホームレスになり精神を破壊し死へ追い込むことが決定されている対象を流れ作業のように死へ追い込もうとしたということ

もちろんこの子は止めてあげてくれという力が働いていたのに更に罪が重なり許すことはできないとなったのだと思います

 

しかし何よりもご理解いただきたいのは広島太郎などのように戦前の華族豪族の子孫なのか関東軍の子孫なのか、はたまたCIAに狙われる戦前の帝国軍の何かなのか、どちらにしろ他国への生け贄となっているということ

その他国のスパイと手を結んだ国権に近い存在をなぜこの国は取り締まることができないのか

 

更に言うなれば僕が行った罪が何罪なのか知りませんが酒場で女の子をお笑い芸人に似ていると笑い転げてから十年以上が経ちます

生まれる前から嫌がらせをされていることは置いておいたとしてもこの十年のヒ素の混入による絶望の中での無賃労働や様々な抑圧や弾圧、それらの罰の重さが例えその女性が自ら命を経ったのだとしても僕はその千倍は苦しみを味わっています

もちろんその苦しみ自体が大きいから罪が消えるべきだと言いたいわけではありません

そうではなくその対象へなぜそのような千倍返しが許され冤罪の可能性が極めて確実であると僕が勝手に考えているのかもしれませんが現在においてもまだ制裁が行われ何の説明もないのか

 

それは一重に部落民が特別だからでしょう

 

部落民が傷つけば罪は増え部落民が許さなければ許されない

部落民が法より高い位にあり部落民同調圧力の雰囲気により許されるかどうかが決まる

そんな差別的虐殺を戦後ずっと行ってきた"無責任な悪"を育んだ人々が更なる"無責任な悪"を生む

その無責任な人々が社会性が高いとされ三蔵法師のように監視し管理し罰則を与えルールを決める

そして起こることは更なる虐殺

 

僕には言い考えがある

それは責任は取れなくても謝ることだ

 

僕は受け入れないけどね

僕はお金しか受け入れない

どうせ殺すんだから早く殺したらどうですか?

そして内部の不信感が部落民を分断し"無責任な悪"は加速する

その後に起こるのはとてつもない絶望か、一部の人々だけを残した世界浄化

殺されたいと願うくらいにみなさんに絶望が訪れることを望んでいます

 

ハンセン病患者に謝るのなら僕にも謝る必要があるはずだ

い未だに差別を受け続けているのだから

 

改めて整理してみると

改めて整理してみると反日教育を受けている中国の民主化は、僕たち日本人にとっては地獄の始まりになるかもしれない

 

そもそもなぜ僕が現在の日本において中国や北朝鮮工作員が部落済州島民コミュニティと裏で繋がり日本人を殺害していると確信を持っているのかと思い出そうと物思いにふけっていると、今から二十年ほど遡り、我々こそが日本を守っているのだと流布している部落済州島民コミュニティの人々とホームレス狩りなる活動に従事していた頃の事を思い出した

 

当時のこの街の風潮はエアマックス狩りや親父刈り、スカジャン狩りや茶髪狩りといった流行りも廃れ、最後に行き着いたの如き始まったホームレス狩りなる活動

今思えば僕は当然の如く仲間外れにされていたようで、あまりそういった活動には参加はしていなかったのだけど何故かたまに呼び出されては悪事を働くことがあった

それらが部落済州島民コミュニティによる、戦前に裕福だった日本人の子孫や朝鮮人として日本人や南北朝鮮に分かれたチェジュド4.3事件やはたまた部落民と日本人の確執などから来る復讐の為の布石だということに気が付いたのは34歳

罪を犯すことで超法規的に殺さなければならない対象へと仕立て上げられ、自称日本の公を守る部落済州島民コミュニティの既得権の維持のための生贄だったようだ

 

そんなたまに呼び出されて喜んで出掛けてはヒ素を盛られながら度胸だめしに悪事を働く様に仕向けられていた僕は、この日も何故か一つ年上の隣町の先輩に呼び出された

多人数で遊んだことはあったけど、わざわざ直接連絡してきたことに驚いたのだけど、とても好感の持てる人だったので了解し、夜になるとゾロゾロと集まりその日の獲物を話し合う酒祭りなる部落済州島民コミュニティの既得権の会場となっている中央公園でお昼に待ち合わせた

 

すると何やら白い民族衣装に身を包み青龍刀を振り回してるおじさんがいた

なぜかそのおじさんを紹介され「こいつっ」と指を刺されておじさんは答えるように「こいつか」とかなんとか言ったような

するとおじさんは何でも人を数人殺したことがあるそうで、得意なのは忍者タートルズに出てくる三又の小回りの効く槍だとか

中国では地下闘技場があり実践で戦いよく人が亡くなるのだとか

僕は半信半疑でそんな事より武器を持って公園で遊んじゃだめなんじゃないのかと尋ねると、使用許可証か何かを見せてくれた記憶がある

しかし確かにその強靭な肉体は見た目の年齢五十近い人の体とは思えない程たくましく、何と言ってもそのおじさんは筋肉に力を入れ硬直させたまま動き回ることができるのだ

その真意については踊っているおじさんを殴ってみろだとかもみもみしてみて確認をした

確かにとても器用な技術を持っているようです

おじさんは複数人の拳銃相手と戦っても勝てると豪語し、百メートル離れてライフル銃で狙われても殺気を察知し玉を避けることができると言い張っていた

 

僕を紹介したその先輩は弟子入りしているといい体を鍛えているのだと言ってきたけど僕は嘘っぽいと感じたのでお断りしておいた

しかし今にして思うとこのおじさんの話も中国ならあり得ると思えてならない

雑技団を始め地下闘技場など日本人には考えられない多様な生態系を維持している中国

その中華なる大陸で培われた争いの歴史はその土地々々の人々にどれほどのたくましさを提供しているのか

その多様な人々の織りなす中華を一つに纏める為には中国共産党の様な独裁による圧力なくしては不可能なのかもしれない

やがて民主化共産党が倒れた時、眠れる獅子はついに目を覚まし、その長年抑えつけられてきた鬱憤を発散するかの如く溢れる大中華民たちのエネルギーは一瞬の内に中華中に連鎖反応をお越し世界の個人主義の中心となるかも知れない

僕たちの恐れる反日教育を施している国家としての中国よりも、世界を自由に飛び回る中華民族の方が、世界の驚異となるのかもしれないと僕は思い始めている

 

話を戻すと僕にはこのような記憶がちょこちょことあり、突然鳥取で一緒に海辺でバーを開こうだとか、突然金持ちのおばちゃんが二人で鳥取で家を買って暮らそうだとか誘われた事がある

多分だけど僕を北朝鮮に拉致しようとしてたのでは無いかと思っているのだけど、断ったので真相は不明

しかしなぜ鳥取なのか

そういえば島根県の最北端の島に仕事で連れて行かれた事があったのだけどあの時も不穏なものを感じた

こういった記憶を辿ると明らかにこの街は不審な存在が暗躍してぃる

多分なんだけど僕はかれらからすると生かしておいてあげている存在なんだと思う

そもそもなぜ僕が命を握られなければならないのか

不審なチャイニーズマフィア達のおかげで老後に行う筈だった僕の自分ルーツの旅は一生掛かりそうだ

生まれる前から部落済州島民コミュニティに見張られて一族が度々不幸に見舞われる

なんでも戦前に裕福だった一族だったとか

土下座をさせられたり集団暴行を受けたり脅されたり借金を背負わされたりヒ素などの薬物を混入されたり目が見えなくなるように画策されて夜目が効かなくなったり女性といる時にモンゴル人に脅されたり、、、

周辺住民全てに見張られ閉鎖的で情報統制された空間で育ちながら、それら不穏な行いをしているコミュニティの存在に気が付き始めたり、使い古した雑巾のように時が来れば法的に裁けない殺人などの罪をなすりつけられて公明党部落済州島民コミュニティ傘下の公安警察による衛生からの電磁波攻撃が始まり、自殺に追い込むのと同時に保険金を手にする様に画策する

それどころかこの活動を行っている警察に近い存在や警察官そのものであろう超法規的な人々が織り成す集合体が北朝鮮拉致事件や日本人の行方不明に深く関わっているようだ

その民族コミュニティが織り成す犯罪や日本人殺しを調べようと動くと上から圧力をかけられる

そしてそれは警視庁の予算編成権を握る東京都議会で過半数を占める公明党創価学会である事は疑いようはないだろう

僕もたしかにこの目で見てきたお酒を飲むと突然うつ病になる弥生系なる人々

僕自身へのヒ素の混入などに気が付き始めてから思い出が繋がっていく

 

なぜこの様な組織が日本の皇室を守る正当な正規軍だとされ超法規的な立場を許されているのか疑問しか残らない

 

これらの事を辿るとこの超法規的な復讐劇は在日の血が混ざった皇室と血統の交わりのある存在がいては国家の為にならないという歪んだ愛国心から正当性を担保しているのだと辿り着いた

しかしその実態はただの保険詐欺であり、色黒であることは悪いものだとか既得権を確保する求心力を得る為に自らに植え付けたコンプレックスの裏返しに戦前の日本人へ復讐心を持つ人々、つまり部落済州島コミュニティによるコンプレックスを晴らす為の活動だ

 

なぜ僕がこれらの活動について根幹にあるのが在日差別であるということが分からなかったのかというと、どちらともから嫌がらせを受けていたから

第二次大戦、満州事変、南北朝鮮戦争、部落開放運動、済州島4.3事件、、、

どの出来事であろうとも被害にあったのだということが力となる現実の中で、行われる事が明らかな復讐劇

なぜ止める事ができなかったのか

 

僕の事については未だ生きていることや自分が部落民だと知らずにいたのは母の都合によるものなのだから仕方がないと考えることもできる

もちろんいち日本人として、国民としては許してはならない

だけど母については明らかに冤罪により何十年と痛ぶり虐めて死に追いやられたという惨たらしい事実がある

貧しく女手一つで男二人を育てるだけでも地獄のような生活なのに、ことごとく降りかかる不幸やヒ素の混入などを始めとする生活に著しく悪影響を及ぼすような活動

それらの影響よりうまれる家族のストレスの全てを母は一人で受け止めて死んでいったのだ、言ってはならないことを告げることも無く、恨みを残すこともなく、なぜこんな目に合わなければならないのかと無念を胸に、自らに鞭を打ちながら

 

朝鮮系コミュニティの人間だと思われる名古屋大学教授は、こういった痛みの反発により日本の高い経済成長があると言わんばかりなのだけど、その論理をどのように受け入れるべきなのか、、、

これからは部落コミュニティの人々を命に関わるほど虐めてみて経済成長の様子を見るという選択肢は残されているのだろうか?

こうして弾圧を正当化し培われた悪とされる感性が、いつの日か日本を狂気に走らせ世界を疑心暗鬼にし、文明破壊の危機が起こりかねない突発的な出来事が起こりうるという事にも意識は向いているのだろうか?

近隣諸国に対して強い力を持ちながら、能動的に作り出した痛みによるしこりを内部に残しつつ、権力で捻じ伏せ統制して行く事で生まれる更に内部に生まれる悪については理解が及んでいるのだろうか?

僕たち一族を含む国家権力に近い存在にハメられた人々はまさにこうした内部に生まれるしこりを生み出す為に生まれるさらなる内部に生まれる悪の犠牲なのか

 

こうしたことを紐解いていくとこれらはアメリカ派の工作ではなく中国派の工作である事が明らかだ

つまり左だとか中国派閥だとか言っている人々は中国派閥だとか言っている人々の自作自演に騙されているということになる

きっと多くの人はこれらはただの在日差別だとか感じてしまうのかもしれないけどそれを生み出しているのがまさに中国とつながりの深い人々による朝鮮人同士を殺し合わせる活動だ

朝鮮半島はずっと差別の中にいるということを認識するべきだ

その人々が逆らえなくて内部で殺し合っている

 

もちろんただアメリカを信じるべきではないだろう

だから戦える軍を持とうとするとなぜか中国派閥が騒ぎ始めて邪魔をする

これらのことからも自分たちに捜査の手が伸びることが許せないという事が明らかだがアメリカを信じるわけではないという平等なスタンスを取ることが好ましいだろう

 

国家権力が倫理上正しいとは言えない行いを容認するのだから超法規的な存在として生まれた自分達にも権利があると加速する悪は、長い目で見ても社会的に善だと言えるのだろうか?

こうした超法規的な活動により破壊された国民の共通認識は時を経て腐敗しテロリズムそのものとなる

それは部落然り在日然り

公的な存在が国民を差別し倫理観を超えた弾圧を行う事を許してはならないのではないか

それがいかに分断統治によるエネルギー源なのだとしても後に取り返しの付かない傷を残すことになるから

 

例えば復讐の全く無い四世代が経てばどうだろうか?

全ての憎しみが過去となり、健全な闘争によるエネルギー源を確保することができるのではないだろうか?

しかし日本はさらなるイバラを撒いているようだ

 

日本で行われている不審な活動はなぜ起きているのか

それは一重に閉鎖的な空間で共通認識を育むから

人々は集まり話し合うだけで企みとなる

集まり強い力を持つということ自体が強い責任が伴うという事を理解しなければならない

行政にいる人間は末端だからと考えてはならない

今一度、適正を自ら問う必要があり、相互に監視する体制を強化しなければならない

部落だから隠れることができるといったような形ではならない

部落と在日が混ざり合いながら交互に監視することのできる形を作らなければ傷が癒えることはなく、どちらでもない人々に全ての負担がのしかかる

その負担は見える事はなく精神の歪みとして社会へと還元される

 

資本主義を押し通すしか道がないと考えている人は未来に囚われ盲目を生んでいる

グローバリズムは世界的共産主義で後に生まれる虐殺の布石に過ぎない

国内を統制してしまえば金融崩壊が訪れると思っている人も過去に囚われ盲目を生んでいる

どれだけ過去と見比べて共通点にフォーカスして未来を予測しようと、それらを行う人々の心の向く先を理解しなければ導くことはできない

どれだけ正確な未来を予測しようと、それらを行う人々の心が歪まない様に理解し合わなければ理論には何の意味もない

どちらに転ぼうと起こる事は同じ事のようだ

 

今のところ僕に見えた解決策は氷河期という今の所は訪れる可能生が確からしい文明の維持に極めて驚異となるであろう自然災害を中心とした共通認識を軸として地球人を教育するしか助かる道は無い

同じ目的意識があれば善悪にある程度の分かりやすい指針と正当性をもたらすことができる

人口削減が一部の人々による情報差別が前提となったものでは統治しきることはできない

 

秘密の力による統治が有効なのは統治者が堕落せずに大衆よりも極めて賢い間だけだ

大衆を馬鹿にしておくことが国際社会において不利に働き他国の侵略を考慮する必要がある以上、他に選択肢は無い

 

情報開花は知能開花だから、学ぶチャンスを得る事のできなかった筈の人々の参入で、これ迄の何百倍の競争率が加速する

痛みを受け入れる決断は早いうちが良い

大切なものを守る為に多くの賛同を得ることができる最低限のボーダーラインは、誠実で懸命な選択肢を提示する事で、そこに創造性を持ち込めば勝敗は時の運となる

その偶発性に文句をつけることはできない

そしてまた弱き人々を保護することで正しさは腐敗せずに循環する

弱き人々が強き人々になり、善悪の共通認識が破壊された世界は、テロこそが正義となり痛みを伴う

それらを避ける為に必要なことは、共通認識を取り戻す事だ

 

最後に付け加えたいのは初めの方でサラッと流したけど北朝鮮拉致事件や日本人の失踪には日本の警察組織が超法規的活動を認めている部落済州島民コミュニティが極めて明らかに手を貸し手を結んでいるということを認識するべきだ

 

絆を破壊したのは囚われの人々だ