王さまの耳はロバの耳

大局感が民主主義を構築します。言ってはならない事があると歪められたものしか見ることができません。つまりあまりに動物的な人々ばかりが選挙に行き始めたり、民族としての求心力を悪用して民主主義への不正な介入が強まれば民主主義どころか資本主義、さらには地球が無くなるほどの痛手を負う可能性を秘めています。権力をお持ちのかたは考え直しましょう。その考え直すのにこのブログは良い役割を果たします。そして世界は救われるのです。たぶん、、、 このブログはドキュメンタリーですので不適切な表現も含まれますのでお楽しみくださ

はじめに

記事が消えたと思ったら左の検索窓から覚えていることを検索してください

消すことはないのですが合体させたりしているので検索エラーとなることがあります

 

最近は少しづつではありますが定期的に僕のブログを見てくれている人もいるみたいです
その何度か見てくれている多くの人々はかなり疲弊している様子
鬱などの精神疾患を始め家庭の事情などで心を病まれている方々
そんな方々に今一度この場でこのブログの存在意義とも言える問題を表現しておきたいと思います

それは途中から見るとよくわからないと思うからです

ですのでいつも見てくれている(監視も含めて)人達にはまたその話かと飽き飽きするようなものですが新しく見始めた人からすれば強烈な恐怖と同時に新しい未来を組み立てるきっかけとなってほしいという思いで綴ります

間違っていたら申し訳ないのですが、、、
僕は日本中で起きている悲惨な事件を調べたりしているものです。

この国だけでなく世界中で民間人を狙った民族派閥による戦争行為、殺人や嫌がらせを含む民族対立による復讐が行われています
そして自分達一族にも課せられた運命がありました。
その数々の事件や自分達一族、日本どころか世界中で起きている悲惨な事件を辿っていくとある宗教などを組織している人々に辿り着きます。
それが日本では部落民と言われる人々で済州島民です。
その中で被害感情や妬みや嫉妬を子供たちに植え付けている組織が存在します。
中には先祖の復讐のために脅迫めいた結婚をし、その子供たちを苦しめることを推奨している人々がいます。
この理念などについては哲学的、あるいは宗教的狭義にたどり着くことによるものです。
もしかするとあなたはその憎しみを受けるために生まれてきたのかもしれません。
僕もそうでした。
その場合、生まれる前から見張られており、友達どころか行政など町中で嫌がらせをするタイミングを見計らいながら見張られています

内容としましては飲食物への薬物の投入により、急激に太る、ニキビがすごいできる、ヒ素による激やせ、鬱、食欲不振、何故か絶望感、等です
集団ストーカーや電磁波攻撃を始め被害者本人は気づかずに殺害されることすらあります
僕が調べた限りでは被害者の先祖が旧日本軍であることや徳川など旧来の華族の子孫だとか様々ですが加害者の種類はかなり狭い範囲です

被害感情やそういった正当性を楯に嫌がらせをしてきます
部落済州島民コミュニティの中の中共派閥と言われている人々で国権の中核にまで入り込んでいるどころか全ての権力の実権を握っています。
これらについて詳しくは
http://www.doubtfuljournal.com


を検索してください
僕のブログです
騒がない方が良いですし他言はしないでください
公安警察などに強力なパイプを持つ人々もいて狙われることになります
まずはこの国の権力構造や民族による対立などを学ばれてみた方が良いのではないかと思いました。
勘違いでしたらごめんなさい
世界は大きく分けると薬屋さんとカジノ屋さんに別れています
そして今世界が揺れています
どちらにも悪しき人々が存在し、どちらにも清き人々が存在するからです
これは長らく石油を中心とした産業を支配し民主主義世界を牛耳ってきた反日思想を持つロックフェラーの死と関係が深いものです
いろいろ大変だとは思いますが敵の姿がはっきりするとある程度心の平安を取り戻すことが出来るのではないでしょうか?
他言はしない方が良いです
このコメントも見張られていますがあなたが学ぶことについては異論は唱えることはできません
しかし騒ぎ立てれば差別主義者だとか公の安全を害すものだとされ弾圧が始まります
お気をつけください
お大事に

今のところ公安やCIAを始めとする諜報機関など秘密組織は嫌いです。罪を償うと言う意味で雇ってください。というかお金ください

イランのタンカー攻撃ってもしかしてCIAの先走り自作自演なのでは、、、日本の部落民とチャイニーズマフィアと不穏なことしているのもCIAだと思うし、やはり昭和を代表する物欲に支配された食事や商品や薬に毒を仕込むロックフェラー石油からなる卑しい守銭奴ネットワークそのものを解体するべきなのではないですか?気持ち悪い

 

先日までは完全にイラン革命妨援軍の先走りだと思っていたタンカー攻撃

イラン革命防衛軍は普通に考えるような軍隊ではなくその内情は装備や規模こそ一級品ではあるが隊員の教育などについては一貫性のある統制力によるものではない

急拡大したことも一因であるとは言えるけど、あえて言うなれば宗教という絶対的な理念により集まった軍隊というよりも宗教団体

もっと言うと中東全域において言えることは、日英米のような立法による整備された統治のなされていない神様が言うからとか何となくとか感覚で運営された国家だと言うことを理解しなければならない

こうした感情ありきの団体は一部の部隊などが時として暴走を始めやすいことは歴史からも明らかなんだけどこの記事によりまたか!?といった感じ

 https://www.afpbb.com/articles/amp/3230815 

www.afpbb.com

イランは何かしら情報を掴んだ上でのCIAへの対応なのではないかと考えている

やはり諜報機関など長らく固定化され密閉された空間では流動性が用いられない以上、人間の集合体が腐敗することは免れ用はないということなのではないだろうか?

これはCIAが悪い存在だということではなく悪を制するものは悪を許容しなければならず自ずと悪に飲まれる個体や悪に対する免疫による盲目や腐敗が起こることは仕方のないものだということ

これについては人類に為す術はない

というよりもそうでなければ人間ではないとすら言える

 

日本ではチャイニーズマフィアを取り締まろうとするとミイラ取りがミイラになって更なる驚異となり始めたり、悪を容認してコントロールしているはずが気づけばコントロールされ始めたり

これにはCIAも絡んで戦前の日本への恐怖により子孫への弾圧などが想定される(実体験)

というよりも何かしらの犠牲にするときに旧日本軍の子孫であれば仕方がないと言う結論に達しているのだろうと考えられる

実に迷惑な話だ

アメリカも何処であろうともやはり人類はこの普遍的なイデオロギー対立にたどり着くということなのだろう

 

これらの問題が何か新しく世界を多い始めたように感じる昨今ではありますが表面化し始めただけだと言うことが実情ではないでしょうか?

 

さて、この問題に対する人類に処方箋はないのでしょうか?

結論からいうと更に高い位に絶対的な存在をおくことでしか解決しない

善悪を越えてこれには逆らえないという絶対的存在

その存在を人は神と言っているのか、思わされているのか

しかしこの存在が国家を跨ぎ複数存在すればまた対立を呼ぶ

 

まさにイランとアメリカから見る世界のイデオロギー対立の根幹にあるものがこの一神教同士による対立のように見える

しかしこれらの問題も突き詰めると分配の正当性を巡る正義を外と中、"我々と彼ら"という対立を作り出してしまうことにある

 

アメリカが横暴だとかこちらの方が正当性があるといったような問題も去ることながら結局は我々と彼らは同じものであるのか、はたまた別次元のものであるのかということに帰結する

結論からいうと人間は全て別人であり同時に同じ人間だということになる

 

では国家の対立はどうするべきなのだろうか

 

ここに二つの選択肢がある

戦争はするしかない

戦争は絶対にしてはならない

 

戦争するしかないのであれば負けた方の一族全てを根絶やしにしなければ終わらないとも考えられるし、日本のように二度と戦争はしないと思うほど素直な民族もいるかもしれない

極論すると世代や時間が解決するものもある

しかし例えば歴史を残し続けたとして一万年後に自分は日本人だ!といい始めて虐殺を始める人が現れるかもしれない

これについてはきりがないとしか言えない

憎しみは憎しみを呼ぶ

 

戦争を絶対にしてはならないとすれば当然に辿り着くのが地球という明らかに限りある資源の中でどのように分配していくのか

更には足りなくなることすらも考えなければならない

足りなくなると辿り着くのが貢献度による重要性

重要だ、必要だと思われる人は生きていて良いがそうでない人は殺しても良いことになる

 

つまり辿り着く答えは殺し合い

 

その根幹にあるものは価値の定義

分配するときに多い少ないだけであればわかりやすいけど少ないけど価値の高いものや一定の人にしか価値がないものなど様々ある

それを決定するものこそが文化であり共通認識

 

日本では部落コミュニティが日本という契約を無視して集めた力を部落民と言うありもしない民族のために投じている

その負担を強いられるのはそれ以外の日本人であり部落民でないとされた人々

そんなことがまかり通って戦後の日本が構築されている

普通の日本人が思う倫理観や常識、当たり前とされていることすら全ては部落コミュニティにとって都合の良いように捏造されてきた

昨今の国内情勢は安部政権が歴史捏造だとか部落民だとかいろいろ言われているが全くの逆だと言う結論に達している

これまで洗脳されていた日本を解放しているのこそが安部政権であり先にあるのは日本が自主独立し世界への責任を果たそうとする国家として当たり前の姿勢だ

 

その姿勢の現れがイランへの訪問であり、背中を押してくれているアメリカの利下げ政策であり、日米英の同調だ

 

イランの問題に対してもしかするとほんとにトン金湾事件のような自作自演によるアメリカの活動なのかもしれない

しかし日本が日本足る姿勢を表すときに大切だと感じることは我々と彼らとは何なのかと言うこと

ハッキリとすることが苦手である民族性に文句を言うつもりはないけど弾圧や迫害を是としている組織、それはトン金湾での選択に一助している組織なのかもしれないし、反対かもしれない

ただ明らかなことは被害妄想や良くないとされる感性に飲まれることは人類の未来にとって良いものはもたらさないと言うこと

それは生物が命を繋ごうとしている永遠とも思えるときの中で唯一生命が生命足る所以を潰すものだからだ

 

個人的に楽しむのはいいけど能動的に人を傷つけたり自らの出自を卑下したりするマインドそのものが人類を追い込む

その存在が既にいることを認めることとその存在の活動を延命させ子供たちの洗脳を許すことは別問題

 

イランの大衆は追い込まれている

これは北朝鮮も同じこと

 

過去に見る国家間の美しい物語も大切だけど未来に向けた美しい未来を第一としたいものである



一神教と多神教の和を取り持つシラス的哲学思考

一神教多神教の和を取り持つシラス的哲学思考

 

みなさん、こんにちは、そして今晩は、及川幸久です

でお馴染みの及川さんに最近ハマっています

いつも興味深い時事を分かりやすく説明してくださるので楽しみにしています

今回気になった配信はこちら

https://youtu.be/JhZSb9ge6TE

youtu.be

 

まずはここに書かれることは個人的な解釈に基づくものであることをご理解ください

 

いわゆるハルマゲドンの根幹にあるのはイデオロギー対立です

神と悪魔とは精神の話であり、聖書から読み解く事のできるのは主にもこの争いは止められないということ

これらの争いはなぜ起きるのか

及川幸久さんがフォーカスなされているのは一神教が他の神を認めずに排斥するからだということです

この問題に対しイスラムとキリストの対立について僕はまだ旧約聖書すら読めていないので何とも言えませんが、こと日本の多神教一神教が折り合うことのできる道は見えています

ですのでそれらをみなさんと共有し平和国家日本を世界平和日本としていく一助になれば僕の承認欲求を満たすことができると綴ります

 

そもそも聖書には多くの虐殺の歴史が記されております

聖書を読んだことのない人には絶対読んだ方がいいとしか言えません

簡潔にいうと全てが書かれているということになりますがそれにもまして面白いどころか想像を遥かに越える物語が詰まっています

これまでこのように興味を引かれる書物に出会ったことはありません

もちろん実話だからということもありますが事実は小説より奇なり

とにかくおすすめします

 

さて、少しネタバレになるのですがその虐殺の歴史はなんと神様の命令であるのです

しかも断ったり嫌々な感じを出そうものなら全滅させられます

これらについて神様、いわゆる主の存在を否定する人などもいるかもわかりませんが僕なりの解釈では明らかに実在していますし普通に考えると確かに主と言われるような存在がいなければ、いえ、いらっしゃらなければなぜ猿が短期間で人間、つまり知的生命体になったのか不思議な面がたくさんあります

その是非については各々が思考を巡らせるのも聖書の懐の深さとも言えるのですがここでは聖書を信じる人々、それは僕も含めて明らかに確かに一神教でなければならないという現実に直面します

それはつまり当初は神様の命令であるのですがそれは長い目で見れば、後に人間が賢くなることを鑑みれば他の神を崇める人を殺しておかなければ驚異にしかならないという現実を理解する必要があるということなのです

 

何故ならば主、いわゆる神が仰るのは突き詰めると思考というものが持つパラドックスに辿り着いた末に起こる対立を危惧しているからです

それがいわゆるイデオロギー対立です

 

例えば善を説こうとすると悪を産み出します

悪を説明することができなければ善の存在を明らかにすることができないからです

しかし神様が存在しみんながひとつの神を信じれば善も悪も同居した社会を末長く持たせることができます

それはどちらかだけが絶対だというパラドックスによる対立を避けることができるからです

しかし実際には様々な信じるものがあり戦争の引き金となっておりその憎しみは人類史始まってからずっと続いています

 

しかし日本は多神教、つまり聖書では禁じられている主以外の他の神を崇めることを行っています

しかしここで何よりも理解するべきことは主がなぜ一神教を押したのであろうかということ

主いわく私は嫉妬深いからである

とのことですが実際には当時の教育の行き届いていないおサルさんたちに説明するのがめんどくさかったというのが実情だと思います

実際には嫉妬深いだけであったとしても日本の多神教は折り合いを付けることが出来ます

それは元々は同じものを拝んでいるからです

 

つまり多神教とは言えますがそれは生きていることや生命溢れる地球を拝んでいるにすぎず聖書で言うところの主、つまりパラドックスのさらに上の存在を誰かとは定義していないからです

しかしその理念、つまり日本では和と表現なされているものであったり縁起と表現されているものを紐解いていくと主が言いたいこと、いえ、仰られているものと全く同じものであるからです

 

つまり旧約聖書に書かれている存在を拝むのと同じことを行っているからです

さらには日本の神社などお祭りの神輿や文化の至るところに共通点があります

つまり起源が同じものであり日本人は知らず知らずに聖書に書かれている主を拝んでいるのです

僕たちが主とは感じないだけでそれは主を拝んでいるのです

 

しかしここで大きな問題が生じます

(僕はまだ旧約聖書の途中までとヨハネの黙示録しか読んでいないことを今さらですが明かしておきます)

ヨハネの黙示録にはユダヤを名乗るユダヤならざるものの出現によりハルマゲドンが起こると書いてあります

つまり現在僕が言っているような日本の和や縁起はしゅをおがむのとおなじだ!というようなことをいい始めることがハルマゲドンを引き起こすものなのでしょうか?

 

これについて僕は既に攻略していますのでこちらをご覧ください

doubtfuljournal.hateblo.jp

 

つまり主との約束を守れるか、そこがユダヤなのかユダヤならざるものなのかの違いだということなのだと思います

そしてそれはつまり書いてあることの本質を読み解くことが出来るかどうかということに帰結するということなのです

同時に書いてなくても普通に善悪の判断がつくのかつかないのかということ

悪は悪ですよ

 

気持ち悪い